わきが臭の匂いはどんなもの?

 

わきがは例え本人に自覚がなくとも、周囲の人にとっては強烈な匂いを放つものだけに厄介なものです。わきがのにおいは、汗と一緒に出る古い皮脂や角質から発せられるもので、これらのものを皮膚や体毛にいる雑菌が分解することにより、独特の匂いが出るのだそうです。わきがはワキに集中してあるアポクリン汗腺がそもそもの原因であり、脂質やタンパク質が多く含まれ、白い乳白色をしています。ちなみにエクリン汗腺という汗腺もありますが、こちらからは殆ど発しないと言われています。

 

このように、わきがの匂いの原因の大元は脂質やタンパク質であり、これがツーンとした匂いの元になっているのです。アポクリン汗腺は遺伝で、生まれつき数が決まっていると言われており、両親に汗腺の数が少ないか殆どないと、子供も少ないか殆どなく、従ってわきがになることはありません。つまり親にこの汗腺が多くてわきががひどければ、子供も汗腺が多くてわきががひどくなる可能性が高いということになります。

 

わきが腋臭症とも呼ばれ、すっぱい匂いや汗臭いような匂いがしますが、主に体質的なことが原因であるため、体をきれいに清潔にするだけでは匂いはとれないことが多いのだそうです。ですから、本当はわきがの匂いを通常の汗臭さの不潔という概念で捉えるのは間違いなのです。また個人の匂いの問題ですので、最初にお話したように、本人は中々気付きにくいものなのです。ですので、もし自分がわきがであることに気付き、ひどい匂いをさせていることの気付きますと、それがストレスの原因になり、精神的に追い込まれる可能性すらあります。

 

殊に日本のように清潔にすることへの意識が異常に高く、人目を気にしたり、人のことを見ていないようで見ているような社会では、その可能性は更に高くなるでしょう。しかし同時に、自分のわきがの原因を理解することで、自分に合った治療法を見つけ、それを実践していく必要もあります。そのことによって、本人も精神的に楽になれますし、周囲も嫌な思いをせずに済むようになります。

 

実は元々アポクリン汗腺は、異性を惹きつけるフェロモンを発生させるためにある器官で、腋毛もフェロモンを効率的に伝えられるように、進化したものだという仮説があります。そのためかどうか、わきがは男女共第二次性徴期と呼ばれる思春期から、症状が出てくると言われています。但し、この傾向は欧米人に多いとされており、日本人を含むモンゴロイド系の人種では少ないとされているのです。だからこそ、日本人のわきがの人は皆、肩身の狭い思いをしているのです。

 

フェロモンは動物や昆虫でも普通に発するものであって、雄は本来の働きをするフェロモンによって異性を惹きつけているわけですが、現代の人間はより進化したことによって、フェロモンの本来の働きが必要とされなくなり、強すぎるフェロモンの匂いは、わきが=非常に匂うものとして認識されるようになってしまったのだと言われています。人がわきがだからといって必要以上に毛嫌いするのは気の毒ですが、かと言って何もせずに放置しておいても、お互いに気持ちのいいものではありませんから、わきがと気付いた時点で、早急に対策をとる必要があると思います。

 

わきがデオドラントなら!