わきがの治療にはどういったのがあるのでしょうか?

 

わきがの治療にはどういったのがあるのでしょうか?

わきがは体臭から発しているものではありますが、病気とまでは言えないものの、処置や治療が必要な症状ではあります。そこでここではわきがの治療方法には、どんな方法があるのかをお話していきたいと思います。わきがの治療は根本的には、匂いの原因であるアポクリン腺を除去するのが1番効果的なのですが、手術ですので、特に女性は手術跡が残ることに抵抗があるかもしれません。しかしわきがの人なら、誰でも必ずそうしなければならないわけではありませんので、自分に合った治療法を行うようにしてください。

 

まずわきがの症状が軽度である場合ですが、これは塗り薬や飲み薬で治療することが出来ます。1つは塩化アルミニウム液をティッシュやコットンに沁みこませ、わきがの匂いの特に気になる部分に塗る方法です。制汗剤をつけるのと同じ理屈ですが、匂いを抑えることが出来ますので、わきがの治療にも十分効果があります。塩化アルミニウム液は、オドレミンの名前で市販もされていますが、強い成分のものですので、病院の医師に処方してもらう方が良いと思います。

 

わきがが軽度のときに服用すると良い薬には、保険のきく抗コリン剤という内服薬の服用がいいでしょう。それだけで汗の分泌を抑えることが出来ます。但し口や目が渇いたり、尿の出が悪くなる等の副作用がありますので、継続的な服用は避けた方がいいと思います。もう1つ、臭化プロバンテリン又はプロバンサインとも呼ばれている、匂いへの不安と恐怖心を和らげ、精神的発汗を抑える内服薬もありますが、やはり眠気やふらつき等の副作用があるそうです。ですから、どちらもわきがが特に気になったときだけ、一時的に服用するようにすると良いと思います。いずれも病院で処方される薬ですので、必ず医師の指示に従って服用してください。

 

次に軽度から中度のわきがの治療についてです。これにはまず、ポツリヌス菌の毒を脇の下に注射して、発汗時の伝達物質の分泌を抑え、一時的に汗の量を減らすポトックス注射という治療法があります。主にエクリン腺に働きかけ、多汗症とわきがを併発している人や、メンタルの影響で発汗しやすい人にも効果があります。わきがの匂い自体を抑える効果はないのですが、汗の量を減らし、汗をかくことによる不快感をトータル的に減らすことが出来ます。もう1つ、脇の毛穴に電気針を注射して高周波の電流を通し、脇の脱毛と同時にアポクリン腺及び皮脂腺の破壊を行うという治療法もあります。

 

最後は中度から重度のわきがの治療についてです。ここでお話する治療はいずれも高度な技術を要するものであって、医師の技術も問われますし、完全に再発を防ぐことが難しい、或いは重い副作用を併発する可能性もある治療法と言われていますので、御了承ください、実際に治療されるときには医師の説明をよく聞くか、あまり説明がないときには、よく質問をするようにしてください。

 

まず1つ目は脇の下を切開して裏を返し、アポクリン腺を除去する剪除法で、手術ですので、3cm〜5cmの傷が残ります。4日〜7日は、手術した箇所に圧迫ガーゼを当てて過ごす必要があります。2つ目は、脇の下に小さな穴を開け細いカニューレを通して、アポクリン腺・エクリン腺・皮脂腺を掻き出しながら吸い取る、皮下組織吸引法という治療法です。非常に難しい方法だと言われています。また同法をベースに先端に超音波を発生させて、熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引する、超音波吸引という治療法もあります。その他には、カミソリ刃とローラーを組み合わせた専用器具による、皮下組織削除法という治療法もありますが、まず自分のわきががそこまで深刻なものかどうか、よく確かめてから治療に踏み切るようにしましょう。

 

わきがデオドラントなら!